Webサービス立ち上げの本当に難しい部分

2021/09/09 11:38
1
0

こういう事例をみていると、何だかなぁと思ってしまう。Webサービスを公開した後に後出しじゃんけんに負けて、しょんぼりしながらサービスをクローズするやつ。

Webサービス(または事業)を始めるにあたって、一番の障壁はアプリケーションの構築技術ではなく、法律であったり組織に対する根回しだったりするのよね。

先の事例は、無許可でスクレイピングで抜いた情報を使ってサービスを作ったところは共通しているけど、1つ目はトラブった際の対応含め、保守を誰がするのか。個人情報の取り扱いについて、が問題とされ、2つ目は不動産取引に関連する法律の無知が災いして終了に至っている。

サービスの開発者は開発に必要な技術の知識には長けているが、法律の知識や、自分が知らない組織の都合等、開発者個人で判断ができる部分は限定的で、問題解決にあたっては、どうしても関係者を巻き込む必要があるということです。

先の事例のサービスを作ったお二方は、とても高い技術レベルをお持ちのようなので、サービスの本質とは別の部分で潰れてしまうのはとても勿体ないよなぁと思う。

ちなみに本題からはそれるけど、スクレイピングしたり公開APIに頼ったシステムってどうなの?とは思う。システムに仕様変更があったりAPIが閉じられたりしたら、その対応に頭を悩ませることはやる前から分かることだと思うんだけど、そういう経緯(自分の意志とは無関係の問題)でクローズされたサービスをいくつも知っているので、技術要件もよく検討したほうが良いと思う。

最終更新日時: 2021/09/12 10:34
コメント(0)

ワンタイムブログは手軽に自由な表現ができる場として、ご利用いただきたいと考えております。ユーザーによる投稿の事前検閲は行いませんが、投稿により発生する責任は全て投稿者に帰すことをご理解の上、問題となり得る内容や表現となっていないかを投稿前に必ずご確認ください。特に、法令に抵触する内容(著作権侵害、名誉毀損、個人情報の流布、信用毀損、侮辱、児童・性的搾取等)や他人を不快にする投稿(危険・有害・暴力的、差別的な表現、性的な投稿等)については、削除対象になりますのでご留意ください。

本サービスの特性上、ユーザーによる投稿において言及された当事者から同投稿の削除の申し立てがあった場合、投稿者への意見照会を経ずに削除を行います。また、当社ではIPアドレス等の投稿記録を管理しており、プロバイダ責任制限法に基づく発信者情報開示請求があった場合には、内容を確認した上で、同情報の開示を行う場合があります。